ブライダルフェアは申込み方を変えるだけで商品券がもらえます。
たったたった1件参加するだけでも最大15,000円
もらえる商品券の金額をランキングにしたので、これから行くなら参考に読んでみてください。

↓  ↓  ↓

クリックしてランキングを確認する


ハナユメ割は実際に安いの?検証してみた

ハナユメ割 実際

[結婚式] ブログ村キーワード

結婚式場の紹介サイトである「ハナユメ」。
以前にこちらのページでサービスについて調べてみました。
(⇒ハナユメってどう?サービスについて調べてみた)

その中でハナユメのメリットの中に「ハナユメ割」という、ハナユメ限定の割引サービスについて書きました。
が、やっぱり単純に「安くなる」と書かれていても実際に安くなるのか?と疑問に思うところだと思います。

 

そこで、こちらのページではハナユメ割がゼクシィなどと比較して本当に安いのか?を検証してみることにしました!

検証方法は簡単。
ハナユメ・ゼクシィ・マイナビウェディングの3つの結婚式場紹介サイトで、同じ会場での費用を実際に比較しただけです。

本当にハナユメ割って安いの?と疑問に思う方は一度参考に読んでみてください!

ハナユメ割をゼクシィなどと比較してみた結果

先に結論だけ知りたい!という人に向けて最初に結論だけ書くとこのようになります。

 

ハナユメ割は本当に安かった!!

 

といっても実際のところは会場・プランによって違うというのも事実ですべての会場でハナユメに費用が一番安いというわけではありませんでした。
ただし、全体的にみて、ハナユメ割が一番安いことが多かったの私が調べてみてわかったことでした。

ゼクシィと比較すると掲載されている結婚式場数が少ないのはハナユメのデメリットではありますが、ハナユメに掲載されている会場でも十分魅力的な会場は多かったです。

もし私が今から結婚式場を探すならハナユメで結婚式場を探してみて、良いものがなければゼクシィやマイナビを見てみるという方法を取ると思います。
やっぱり大きなお金がかかる結婚式なので、費用は抑えられるなら抑えたい。

 

ということで結婚式費用を結婚式場選びの重要なポイントで選ぶなら、まずはハナユメで探すのをおすすめします。
以下のボタンから公式サイトに飛びますので、ハナユメで探そうと思うならのぞいてみてください。

↓  ↓  ↓

クリックしてハナユメで結婚式場を探す

ということで、下では実際の結婚式場の費用を比較した結果を見ていきたいと思います。
全国のたくさんの会場を調べるのは難しいので、東京・大阪・名古屋で人気の高い結婚式場で価格を比較してみました。
それでは比較結果をご覧ください。

東京での費用比較

アニヴェルセル東京ベイ

アニヴェルセル東京ベイ 費用

ゲストハウスウエディングの中で人気の式場がアニヴェルセル。
アニヴェルセルの中で有明にあり、ヨーロッパの町並みを再現したウェディングビレッジが特徴的な会場です。
こちらは3つのサービスで割引の取扱いがあったので、3つでの費用を比較しました。

 ハナユメゼクシィマイナビ
2018年1、2月プラン
(70名)
199.5万円222.6万円222.6万円
2018年3〜5月プラン
(80名)
243.7万円268.8万円264.3万円
2018年7、8月プラン
(60名)
216.2万円237.5万円237.5万円
2018年9〜11月プラン
(80名)
283.7万円308.8万円308.8万円

結果はすべてのプランにおいてハナユメが一番安い金額になっていました。
金額的にも25万円前後の違いがありました。
25万円となればできることがかなり増えるので大きな差があるかと思います。

グラン ブリエ 東京

グラン ブリエ 東京 費用

2017年9月にオープンした結婚式場「グランブリエ東京」。
カレッタ汐留の47階という立地からみる展望が素晴らしい会場です。
できたばかりということもあり、どのサイトでも扱いがあったので3社での比較です。

 ハナユメゼクシィマイナビ
2018年1〜3月プラン
(60名)
162.0万円183.7万円183.7万円
2018年4〜6月プラン
(70名)
216.0万円242.2万円242.2万円
2018年7、8月プラン
(50名)
172.9万円193.7万円
2018年9〜11月プラン
(70名)
251.0万円
(11月は除く)
268.4万円268.4万円

グランブリエ東京の費用を比較したら、ハナユメが一番安くなっていました。
ゼクシィとマイナビウェディングは基本的に同じでした。

多いときで25万円ほど、大体は20万円ほどハナユメが安くなっていたので、やはりハナユメ強いという感じです。

コルトーナ シーサイド東京

コルトーナシーサイド東京 費用

お台場にある結婚式場で、パノラマで海が望める会場ということで人気の結婚式場となっています。
こちらの会場は3サービス全てでプランがあったので料金を比較です。

 ハナユメゼクシィマイナビ
2018年1〜3月プラン
(80名)
203.6万円268.3万円292.9万円
2018年4〜6月プラン
(80名)
199.6万円244.3万円233.2万円
2018年7〜12月プラン
(80名)
215.6万円284.3万円302.9万円

金額をみて結構大きな費用さがありました。
特に2018年7月以降になると、一番高いマイナビと比較して100万円も差がありました。
一番少ないところでも50万円以上ハナユメが安い結果でした。

大阪での費用比較

ラグナヴェール大阪

ラグナヴェール大阪

大阪で人気の結婚式場「ラグナヴェール大阪」。
3社で比較してみて同じ条件で比較できたのが「2018年3月末までの挙式60名プラン」。
実際の料金比較をしてみた結果は以下のような感じ。

サービス名費用
ハナユメ1,128,600円
ゼクシィ1,375,272円
マイナビウェディング1,375,272円

結果はハナユメ割が一位でその他のサービスよりも20万円安くなっていました。

ラソールガーデン 大阪

ラソールガーデン大阪

大阪中之島にある緑あふれる結婚式場です。
今回は比較してみたところ、マイナビウェディングでは特別な割引がなかったので、ラソールガーデン大阪ではゼクシィとの比較になります。

 ハナユメゼクシィ
2018年3〜5月プラン
(60名)
164.3万円218.6万円
2018年6〜8月プラン
(60名)
204.3万円233.2万円
2018年9〜11月プラン
(60名)
209.3万円254.8万円

2つで同じようなプランが複数あったので全ての比較をしてみたところ、すべてハナユメ割の方が費用を安く抑えられていました。
特に2018年3〜5月のプランではハナユメが50万円近く安くなっていて、ハナユメがお急ぎ婚に強い特徴がよく出ていた気がしました。

ザ・ガーデンオリエンタル大阪

ザ・ガーデンオリエンタル大阪

2018年1月に新しいチャペルと会場ができるザ・ガーデンオリエンタル大阪。
料理はミシュランで星を獲得したことある料理もあり、人気の結婚式場です。
今回は3つサービスでそれぞれ割引があったので比較しました。

 ハナユメゼクシィマイナビウェディング
2018年1、2月限定プラン
(70名)
241.7万円270.4万円241.7万円
2018年3、4月限定プラン
(60名)
236.1万円241.5万円231.3万円
2018年9〜11月限定プラン
(60名)
252.1万円261.5万円
平日(カンフィ)ウェディング
40名
165.8万円153.7万円155.5万円
ナイトウェディングプラン
(40名)
178.8万円202.3万円166.5万円

こちらの会場についてはハナユメよりもマイナビウェディングが安い場合が多かったです。
次が若干の差でハナユメがやすいという感じ。

ただしこの会場に関して言えばそこまで3つのサービスで大きな差もなかったといのが実際のところです。

名古屋での費用比較

アニヴェルセル白壁

アニヴェルセル白壁 費用比較

青いヴァージンロードが特徴的で人気の高いゲストハウスウェディング会場「アニヴェルセル白壁」。
こちらの会場はハナユメ・ゼクシィ・マイナビで割引があったので、3社での比較です。

 ハナユメゼクシィマイナビ
2018年1〜3月プラン
(60名)
158.7万円
2018年3〜6月プラン
(60名)
163.8万円
(9月まで)
173.2万円193.6万円
(4〜5月)

同一条件のプランが少なかったので単純な比較はできませんでしたが、ハナユメのほうが安くなっていました。

百花籠

百花籠 結婚式費用

和と洋を融合させた会場が特徴的な会場である「百花籠」。
名古屋で人気の結婚式場の1つ。
今回はマイナビウェディングには掲載されていなかったのでゼクシィとハナユメとの比較になります。

 ハナユメゼクシィ
2018年1月限定プラン
(60名)
142.0万円154.8万円
2018年2月限定プラン
(60名)
155.9万円169.8万円
2018年3月限定プラン
(60名)
174.4万円189.8万円
2018年4月限定プラン
(60名)
209.4万円226.9万円
2018年7〜8月限定プラン
(60名)
210.9万円228.8万円
2018年9月まで
平日限定プラン
(60名)
192.6万円210.7万円

価格比較をしてみたら、ハナユメの方が15〜20万円ほど安い価格になっていました。

アルカンシエル ガーデン名古屋(旧:リュクスガーデン名古屋)

アルカンシエルガーデン名古屋 費用比較

ゲストハウスウェディングで人気の会場である「アルカンシエル」。
プールのある披露宴会場などが特徴的になっています。
こちらについての費用を見てみると、ハナユメ・ゼクシィにはあったので比較してみました。

 ハナユメゼクシィ
2018年1〜3月限定プラン
(60名)
186.3万円162.5万円
2018年4〜6月限定プラン
(60名)
211.0万円193.5万円

アルカンシエルガーデン名古屋ではゼクシィの方が価格が20万円近く安くなっていました。

ハナユメ割は実際に安いのか?検証結果まとめ

いかがだったでしょうか?
ここまで東京・大阪・名古屋の結婚式場でゼクシィ・ハナユメ・マイナビウェディングで実際に価格比較の結果を書いてみました。

全体的にハナユメが安い場合が多かったです。

特に個人的に感じたのはハナユメが安い時、他のサービスと比較して大差をつけているときが多かったことです。
今回紹介した中でも100万円近く差があった会場もあったりしてびっくり。
ただどこから申し込むのかを変えるだけでこれだけの大差がつくならちゃんと調べないと大損・大失敗な気分になりそうです。

 

ハナユメはゼクシィなどと比較すると掲載されている会場が少ないというデメリットがあります。
しかし少ないけど魅力的な会場が多く集められていて、十分な質の結婚式があげられる会場ばかりだったのでハナユメで探して不満はないかと思います。

質の高い結婚式場で費用を抑えた結婚式をあげたいなら、「ハナユメ」はかなりおすすめできると思います。
というよりも実際に私だったら使います。
しかも今ならハナユメではブライダルフェアに1件行くだけでも15,000円、最大で33,000円の商品券がもらえるキャンペーンやってます。
(ゼクシィなら3000円しかもらえない)

だから、もしこれから結婚式場を探すならハナユメを使ってみてください!

↓  ↓  ↓

ハナユメで結婚式場を探すならこちら

【最大3.5万円】ブライダルフェアに行くともらえるお祝い金ランキング

ブライダルフェアを1件行くだけでも15,000円。
最大で3.5万円のお祝い金がもらえます。

もらえる商品券の金額が多い順にランキングしてるので、これからブライダルフェアに行こうと考えているなら参考に読んでみてください。