ブライダルフェアは申込み方を変えるだけで商品券がもらえます。
たったたった1件参加するだけでも最大15,000円
もらえる商品券の金額をランキングにしたので、これから行くなら参考に読んでみてください。

↓  ↓  ↓

クリックしてランキングを確認する


ハナユメ割|2つのデメリット

ハナユメ割 デメリット

[結婚式費用] ブログ村キーワード
このサイトでも紹介しているハナユメのハナユメ割。
結婚式場の費用を抑えられるということで利用する人はたくさんいます。

でも、良いことばかり書かれていて、実際になにかデメリットが有るんじゃないの?と思うのも実際のところ。

 

そこで私なりに調べてみてハナユメ割のデメリットはないか?を調査してみることにしました。
調べてみて思ったデメリットがこの2つです。

  • 結婚式までの日程が短くなりやすい
  • ゼクシィと比較すると会場の選択肢が少ない

以下ではこの2つについて、詳しく書いて行きたいと思います。

結婚式までの日程が短くなりやすい

結婚式 準備

ハナユメ割のメリットを最大限受けようとした場合、結婚式までの予定が短くなりがちです。
理由はハナユメ割が元々半年以内の結婚式への割引が得意だからです。

 

以前に別の記事(結婚式予定日は半年以内にした方が良い理由)で書いたのですが、ハナユメ割は半年以内で空いている日程を利用することで料金を抑える仕組みとなっています。

だからハナユメ割を利用すると、結婚式までの期間が短くなってしまうのです。

 

最近では半年以内でない場合でも割引がある会場が増えているとのことでしたが、現状は半年以内のほうが割引を多くもらえると言えそうです。

ゼクシィと比較すると会場の選択肢が少ない

結婚式場 選び方

ハナユメ割が適用できるのは、ハナユメに掲載されている会場になります。
しかし、ハナユメの場合はゼクシィと比較すると掲載されている会場数が少なくなっていました。

具体的な数値は調べたところこのようになってました。

サービス掲載会場数
ハナユメ500件以上
ゼクシィ2500件以上

掲載会場数はゼクシィのほうが5倍ほど多くなっていました。
掲載数が少ない中で選ぶのでもしかすると本当の好みの結婚式場を見つけられない可能性もあります。

しかし、これは探すエリアで変わってきますし、東京・大阪・名古屋などで会場を調べてみたら数もたくさんありました。
どこで結婚式場を探すかによってはそこまで大差はないかもしれません。

 

さらに数が少ないだけであって質が低いわけではなく、芸能人が結婚式をするような有名な会場や、人気の会場がラインナップに入っていました。

こだわって「絶対にココが良い!」という会場があるなら、その会場がハナユメにあるか?などを調べてなければ他のサービスを使うのも良いかと思います。
しかし、特別会場を決め打ちしないのであれば、ハナユメ割を受けられる会場から選ぶなども全然有りだと思いました。

ハナユメ割|2つのデメリット まとめ

ココまでハナユメ割のデメリットについて書いてみましたが、いかがだったでしょうか?

調べてみての個人的な感想ではありますが、そこまで大きなデメリットは無いかなというのが本音です。
「準備期間が短くなるのが嫌!」という場合は別のサービスのほうが良いかもしれませんが、そこが気にならないのであればハナユメ割で大きなデメリットは無さそうです。

ハナユメ割の割引はやっぱりメリットが大きいです。

 

日程にそこまでのこだわりがないのであれば、十分おすすめできるサービスだと思いました。
ハナユメでも良いかな?と思われたら、ハナユメでまずは探してみてはいかがでしょうか?

ハナユメで結婚式場を探すならこちら

【最大3.5万円】ブライダルフェアに行くともらえるお祝い金ランキング

ブライダルフェアを1件行くだけでも15,000円。
最大で3.5万円のお祝い金がもらえます。

もらえる商品券の金額が多い順にランキングしてるので、これからブライダルフェアに行こうと考えているなら参考に読んでみてください。