ブライダルフェアは申込み方を変えるだけで商品券がもらえます。
たったたった1件参加するだけでも最大15,000円
もらえる商品券の金額をランキングにしたので、これから行くなら参考に読んでみてください。

↓  ↓  ↓

クリックしてランキングを確認する


【画像あり】ブライダルフェアの服装は?男女別の定番とフェア別の注意点

結婚式場を選ぶ時の参考になるブライダルフェア。

より良い結婚式をあげるために実際の現地に行くことは大切です。
でもその時の服装ってどうしたら良いの?と迷ってしまうかもしれません。

こちらのページではブライダルフェアの女性の基本的な服装についての解説をします。
また服装はどのような種類のブライダルフェアに行くかによって変わってくるので、後半ではブライダルフェアの種類別の服装について書いていきます。

ブライダルフェア基本的な服装

最初に結論だけ書くと、ブライダルフェアの服装に明確な決まりはありません。
言ってしまえば本当にサンダルで行くとかもありなのですが、あえて書くとするならで「少し綺麗めな服装」となります。
少し綺麗めというのはデートに行くくらいの服装です。

ひどいダメージジーンズやビーチサンダルなどで来ている人もいるようですが、大半の人はセミフォーマルだったり、そこまでなくても清潔感のある服装で来ます。
最低限の格好をしていかないと会場内で浮いてしまう可能性があります。

だから「デートに来ていけるような、少し綺麗めな服装」を意識して選んだほうが良いです。
イメージとしてはちょっと小洒落たレストランに行くくらいのセミフォーマルな服装で問題ないかと思います。

といっても具体的にどんな服装が良いの?ということで具体的なコーディネートを書いていきたいと思います。

男女別のブライダルフェアの基本的な服装

女性の失敗しない服装

夏などの暑い時期

「ワンピース+カーディガン」「シャツ+パンツ」とかの組み合わせて定番です。
具体的に画像で見てみます。

暑い時期であればこのようにシンプルなワンピース一枚で行くのもありかと思います。
一応カバンには冷房対策のカーディガンを入れておくと良いかも。

シャツとの組み合わせで行けば、上記の画像の左側とかも綺麗めファッションでおすすめです。

フリル袖のシャツなどを使うのも良いかと思います。

Tシャツが悪いというわけではないですが、やはり結婚式を挙げる場所に行くのでシャツ系の綺麗めな服装をするのが良いでしょう。

春・秋などの季節の変わり目の時期

少し涼しい時期になるので、ジャケットやカーディガンを羽織る服装が失敗ない感じです。


この時期にジャケパンはきれいめファッションの定番なので、選んで失敗は無いです。

カーディガンを羽織るのももちろん定番としてありです。

冬などの寒い時期

寒い時期の場合「ジャケット +  スカート or パンツ + コート」という感じが定番です。

このようなコートを羽織るのもあり。
あまり大きいアウターを来ていくと移動の時に邪魔になる可能性もあるので、薄めのものを来ていくほうが良いです。

靴はフラットか低めのものに

動きやすい事を前提とすると一番大事なのが靴(足元)。

動き安さを一番に考えて、できれば靴底がフラットなタイプのものがおすすめです。
フラットでなくてもローヒールや、ウェッジソールといった歩きやすいものを選んでおくようにしましょう。

女性のNGな服装

ここまで行くとやりすぎです(笑)
いくら結婚式場に言っからと言って本当の二次会に参加するほどまで着飾る必要はありません。
後は露出が多すぎる服装はちょっと周りから浮いてしまいがちです。

記念日のデートにちょっとおしゃれなお店に行くくらいの感覚が一番近いかもしれません。

男性の失敗しない服装

夏などの暑い時期

男性で言えば以下の画像のような服装で行けば失敗はないです。
まずは夏などの暖かい時期の服装を見るとこのような感じ。

ウェディングフェア 服装 男性
※画像はこちらより参照

ブライダルフェア 男性 服装
※画像はこちらより参照

いわゆるきれいめファッションと呼ばれるスタイルです。
襟付きのシャツやポロシャツに綺麗めなパンツを合わせる感じ。
この画像では普通のパンツにしていますが、別にジーンズであっても浮くことはありません。

春・秋などの季節の変わり目の時期

春秋などの少し涼しい時期であればこのような服装もありかと思います。

ブライダルフェア 服装 男性 秋
※画像はこちらより参照

上にジャケットを羽織る定番のセミフォーマルな服装です。
ジーンズもダメージがひどくなければ問題ないです。

冬などの寒い時期

ブライダルフェア 服装 男性 冬
※画像はこちらより参照

寒い季節になるとニットや、ニットカーディガンなどを着用もOK。
ダウンやコートを上から羽織っても問題ないです。
ただダウンの場合はあまりにも派手なものではなく、シンプルなデザインのものにしておくのが無難ではあります。

トータルコーディネート的にセミフォーマルっぽい感じであれば問題は無いでしょう。

ブライダルフェアでの靴はどうしたら良い?

  • スニーカー
  • 革靴

から選ぶと良いです。

革靴であれば基本的に失敗は無いです。
スニーカーの場合はできれば綺麗めな靴にしておくのが無難です。

コンバースのオールスターでも汚れすぎていなければ問題ないですし、綺麗めファッションに会うものを選んおけばOK。
選ぶのに困ったらスタンスミス、オールスターなどの定番スニーカーを選んでおきましょう。
それでもまだ迷うなら革靴にしておきましょう。

男性のNGな服装

では反対に男性のNGな服装の例を。

ブライダルフェア 服装 男性 NG
※画像はこちらより参照

この2つの例画像の場合、別に普通のファッションとして問題があるわけではありません。
しかし、ブライダルフェアは「ホテル」などで行われたりするのでちょっとラフすぎるのでNGとさせていただきました。

男性の服装に迷ったら

いくつかパターンを紹介してきましたが、やっぱりなにを着れば良いのか迷ってしまう!という場合は一式ブライダルフェアに行くように一式買い揃えてみても良いかもしれません。
その時におすすめなのがこちらのショップです。

 

SPUTNICKS(スプートニクス)

 

メンズの綺麗めファッションのセレクトショップになっています。
実際に掲載されている画像も豊富で、1点の服のコーディネート画像も複数準備されていて、実際にそのモデルが利用している他のアイテムも紹介してくれているのが良いところ。

気に入ったコーディネートを発見したら、そのままマネキン買いするなどもできるので失敗なく綺麗めファッションを選べます。
着る服に迷ったら利用してみてください。

ブライダルフェアのタイプ別服装

ここまで書いてきたのがブライダルフェアの基本的な服装です。
しかし、ブライダルフェアにもいろんなイベント付きのモノがあります。
以下ではそのブライダルフェアのタイプ別におすすめな服装をご紹介したいと思います。

試食付きブライダルフェア

試食付きブライダルフェア

名前にある通り試食のあるブライダルフェアになります。
実際に提供される食事を食べるので、食事で汚れる可能性もあるので白系の服装はさけておくほうが無難です。

ブライダルの食事なのでコース料理が出てきたりして、いつもとは違うような食事だったりするのでこぼしてしまった時に汚れが目立たない黒、青などといった色の服装が良いでしょう。
またドリンクも出てきてこぼれてしまう可能性もあるので、水分を吸ってしまうようなものよりも弾きやすい素材の服装を選んでおくとより良いかと思います。

そんな子供みたいなことが起きるの?と思うかもしれませんが、ブライダルフェアって普段とは少し違った雰囲気で緊張してしまう可能性があります。
緊張で普段しないようなミスをしてしまうかもしれません。

少しでも失敗を避けるために対応しておくほうが安心です。

ドレス試着ができるブライダルフェア

行って、実際にドレスを着てみるブライダルフェア。
着替えがある前提なので、脱ぎ着しやすい服装をするのが良いでしょう。
具体的に言えばワンピース、ブラウス、チュニックなどが良いかと思います。

下はパンツでも良いですが、脱ぎやすさを考えるとスカートを選んでおくほうが良いです。

またドレスを着る時にヒモが見えないように、ベアトップブラを準備しておくと良いです。
普通のブラだと肩紐が見えて、実際に来てみた時の印象が変わる可能性があります。
出来る限り本番に近いようなイメージにできるようにベアトップブラを着用or持っていくのが良いです。

またウェディングドレスを着る際には髪の毛も邪魔になりがちなので、ヘアゴム、シュシュなどがあると便利です。

また靴も履くかと思うので、できればストッキングも準備するのが良いでしょう。

注意しておいたほうが良いのが「香水」。
普段から使っている人も多いかと思いますが、できれば香水は使わないほうが良いです。ドレスはあくまでレンタル品で他の人も着ますので匂いがついてしまうからです。

とはいっても長時間着るわけではないので、きつい匂いがしないものであればつけても問題ないようです。

模擬挙式・披露宴式ブライダルフェア

モデルさんが実際に挙式をするタイプのブライダルフェアになっています。

結婚式場や披露宴会場にいることが多いために他と比較すると少しきれいめな服装にしておくのが良いです。さすがに実際の結婚式に参加するほどまでする必要なないですが、ワンピースやシャツなど小綺麗な感じの服装で行くのが良いでしょう。

ネックレス、ハンドバッグがあれば少し小奇麗な感じがでるので持っておくと良いかも。

ブライダルフェアの服装 まとめ

  1. 基本的にはセミフォーマルな服装
  2. 汚れても目立たないような色
  3. 動きやすい服装

ブライダルフェアに行く際は上記の3点を踏まえた上で決めるのが良いかと思います。

【最大3.5万円】ブライダルフェアに行くともらえるお祝い金ランキング

ブライダルフェアを1件行くだけでも15,000円。
最大で3.5万円のお祝い金がもらえます。

もらえる商品券の金額が多い順にランキングしてるので、これからブライダルフェアに行こうと考えているなら参考に読んでみてください。